RSS
    Admin
    Archives

    着物そのいち。

    着物に出会って広がった楽しみをちょこちょこ書いています。

    プロフィール

    渡邉なおこ

    Author:渡邉なおこ
    着物好き・舞台好きの30代。
    着付師。

    ご挨拶とプロフィール⇒■

    出張着付は只今承っておりません。
    大変申し訳ございませんが、また再開の折にはお知らせさせていただきます。
    ◆出張着付けご案内→◆




    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセス数
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2017.04
    05
    CM:0

    13:00

    毎年恒例、上方舞の春のおさらい会が終わりました。

    春と夏に1回ずつ発表会がありまして、師匠、稽古場の皆、家族や友人達の前で1人1曲ずつ舞を披露します。
    今年で10回目になる「はるの会」。
    私は地唄の「淀川」を舞わせていただきました。

    日本舞踊 上方舞 山村若静紀社中
    「第10回 はるの会」@大阪美術倶楽部
    大師匠の若佐紀先生、若静紀先生、ゲストで獅子舞を披露してくださった豊来家玉之助師匠、
    いつも大活躍の司会者Bさん、出演者、みんなで 『祝10回♪』

    170401_06.jpg

    真面目な集合写真も撮って下さったんですけど、可愛いのでこっち載せときます~
    玉之助師匠も大師匠もしてくださっていたのか・・・可愛い

    会が近くなると、「ああ、もうちょっとで発表会が・・・」と稽古しながら冷や汗や溜息が多くなるんですけど、当日を迎えたら、もう朝から晩まで只々楽しいだけです。
    今年は師範の若静和さんや若静奈さんの所のお弟子さんもご一緒だったので、舞台裏が益々賑やかでした。

    若静雪さんの舞台裏のレポート~♪⇒⇒

    開場と同時にお客様がお集まりくださって、和やかに開演。
    若静和さんの「松竹梅」でお開き、締めは若静紀先生の「松島」。
    初舞台の方の舞も、今年名取試験を受ける方の緊張感のある舞も、名取さん達の華やかな舞も、見ごたえのある29曲でした。

    自分の舞は、まぁー、納得いくように舞えることなんか生涯なさそうですよね。
    それでも以前よりは多少ましになった所と、やっぱり駄目な所が、自分なりに何となく思い当たるので、
    会が終わると、また次の稽古でも頑張ろうという気持ちになります。

    さて、舞い終えてほっとしたら、宴です♪
    うどんすき~。

    170401_04.jpg

    大阪と東京、それぞれの稽古場の皆が集まる機会は中々ないので、
    近況報告したり、今日の反省会したり、着物話したり、活きた車海老が飛び跳ねるのを追いかけたり(びっくりした、笑)。

    師匠方は、若静紀先生と玉之助師匠が大好きだという盆踊りの話で多いに盛り上がっておられました。
    しまいには祝い歌に合わせて先生が踊りだすという・・・
    は~、今年もお腹いっぱい楽しかった。

    170401_05.jpg

    姉弟子さんから、「最初はお互い食事しながら見る気楽な会でね、、、」とこの会の始まった頃のことを聞くにつけ、お忙しい中、毎年かかさず弟子に発表の機会を作ってくださる若静紀先生と、見守ってくださる若佐紀先生に感謝するばかりです。

    いつか上手に舞えたらいいなぁと思います。
    そのためには、正直で、誠実でおらなとあかんねんなぁと、若佐紀先生のお話が今年も胸に響きます。
    舞う人の人となりが舞台にはにじみ出てしまうものやし。
    そこが怖くもあるけど、身体ひとつで型の通りに舞う日本舞踊のすごく面白いところ。
    拙いとか、上手いとか、若いとか、若くないとか、関係ないところにある根っこの部分の面白み。

    ひとまず、また来年まで、
    ご飯よう食べて、稽古して、ご機嫌に過ごしたいと思います。(ん?)

    では、社中の皆様、お疲れ様でした。
    ご覧くださった皆様、ありがとうございました!

    スポンサーサイト
    2016.05
    23
    CM:0

    15:00

    数年前からはじめた上方舞のお稽古、
    この夏も浴衣会を目標に、山村若静紀先生の稽古場にこつこつと通っております。

    前回までで、今教えていただいている曲の振り写しが終わりました。
    ビデオ録画していた稽古風景。

    160523_keiko02.jpg

    今年の春に勉強していた「こすのと」という曲の稽古終盤で、
    先生に勧められてビデオ録画を止めてみたところ、
    いつもより集中できることに気が付いたので、今回もこれ以降はビデオを撮りません。

    でも振り写し中は、忘れたら怖いので撮ってた小心者(笑)

    さて、どうなりますやら。

    師匠という存在は、不思議だなぁと最近またしみじみ思います。
    ふらっと門を叩いた人間を受け入れて下さって、親身になって教えてくださる。
    私はこの丸顔のせいか、一見人当たりが良いように見られがちですが、結構人付き合いに欠陥のある人間です。
    それが続いているものなぁ。
    有り難い以上の何者でもない。

    せめて、師匠のおっしゃっていることを、理解できるか、
    今すぐ理解できなくてもお腹の中に大事に仕舞っておける人でありたいなぁと思います。

    新しいお弟子さんも増えてますます賑やかな
    山村若静紀社中の東京での浴衣会は、
    7月16日(土)神楽坂での開催を予定しております。
    また詳細は後日。

    ぜひご予定くださいませ。

    では。

    2016.04
    08
    CM:0

    11:00

    桜が見頃を迎えた先日4月2日、上方舞の発表会のために大阪へ。
    山村若静紀先生の門人が集まる お浚い会「はるの会」が開かれました。

    お稽古仲間のタカオさんがお写真くださったので、ご紹介できます~
    ありがとう、タカオさーん

    haru160402_01.jpg

    東京からの参加なので、友人に話すと時々「え!大阪まで行くの??」と驚かれますが、
    いつもお元気な大師匠の山村若佐紀先生にお目にかかれることや、若静紀先生の舞が間近で拝見できること、門人の皆さんに会えるのが何とも嬉しく、毎回うきうきで参加しております。
    もはや何だか里帰りのような気持ちです。

    haru160402_02.jpg

    まもなく始まりますよと若静紀先生。

    会場は「大阪美術倶楽部」さんのお座敷です。
    大阪稽古場、東京稽古場から集まった20名ほどが日頃の成果を披露しました。

    haru160402_03.jpg

    待機中の出演者。
    和やかな先輩方の中、私だけ顔固まってるし・・・ど緊張。

    本番中は客席から拝見できるので、こうして待機しながら、
    先生や皆さんの舞を拝見しつつ、緊張したり、魅入ったり。

    いつもは出番が近づくに従って、緊張で体が固まっていくのが分かるのですが、
    今回は何と私の出番の前に、ちょいとお楽しみで落語家の笑福亭たまさんが舞台に!
    お客様と一緒に能天気に笑っている間に自分の順番が来ていました。
    なんやろう、なんかラッキー

    温かい雰囲気のお客様に見守っていただきながら、私は地歌「こすのと」を。
    振りの美しいゆったりとした曲で、稽古中何度も「ああええ曲やなぁ」としみじみ。
    けれど舞は相変わらず難しく、達成感には程遠いので、いつかまた稽古してみたい曲のひとつに加わりました。

    haru160402_04.jpg

    最後は、若佐紀先生の音頭で大阪締め♪
    「打~ちまひょ!ポンポン!」

    haru160402_06.jpg

    そして、お浚い会の後のお楽しみ、会食へ~

    haru160402_05.jpg

    今日の会の無事終了をお祝しつつ、
    舞台に出演される方や名取試験に挑戦する方への応援の気持ちをこめて、
    はい、かんぱーい!

    ああ~今年も楽しい1日でした。
    若佐紀先生、若静紀先生、大阪稽古場の皆様、ありがとうございました!

    自信持って里帰りできるように、また東京でこつこつ、がんばります

    2015.10
    26
    CM:0

    21:30

    山村若静紀先生による「静月会~和を愉しむ夕べ」が
    小日向の本法寺さんで開かれました。

    からりと晴れてとても気持ちの良いお天気。
    昼から夜へと移り変わるお座敷の景色も美しい日でした。

    151025_seigetsukai02.jpg


    師匠の地唄舞、2曲。
    菜の葉と、ままの川。

    今年はゲストでお越しくださった着物スタイリストの秋月洋子さんの書の前で舞われて、
    以前拝見した時とまた印象が違って見えました。

    古代文字の書。
    一つ一つの意味も、今にも動き出しそうな形も力強い。

    お二人がトークでお話しくださったこと。
    余白、形・型と意味、道と流れ。

    美術や書に疎い私ですが、舞を観るように書も見ればいいのかな。
    いやぁ、すごく面白かったです。


    151025_seigetsukai01.jpg

    美しいものがぎゅっと詰まったお座敷の舞台を堪能できて幸せな一夜でした。
    若静紀先生、秋月さん、地方の杉浦聡先生、本法寺さん、
    ありがとうございました。

    お越しくださったお客様からは、
    良かったですよとスタッフにもお声がけ下さったり、
    嬉しいアンケートを書いてくださったり。
    本当にありがとうございました。

    終演後にお寺を出ると、十三夜のお月さんがとても明るく輝いていました。

    私も司会のお勤めを何とか大きな粗相なく終えられて、
    一緒にお手伝いしていたお稽古仲間の皆さんとほっと一息。

    また来年を楽しみに、しばらく余韻に浸りま~す

    2015.10
    19
    CM:0

    21:25

    山村若静紀先生の舞の会が近づいて参りました。
    東京で、お座敷で、じっくり拝見できる機会は貴重なので、楽しみ過ぎてどきどきもして参りました

    seigetsukai_cl.jpg

    いつも素敵な本法寺さんのお座敷で、
    しかも今年は、秋月洋子さんの書と、杉浦聡先生の唄と三味線、若静紀先生の舞による舞台なのです!
    うー、贅沢

    上方舞や和の文化を気軽に愉しんでもらえるようにと
    先生が年に1度開いてくださっている静月会。

    是非お運びください。

    line_ume_099g.jpg


    「第四回 静月会~和を愉しむ夕べ」

    日時:2015年10月25日(日)17:00開演(16:30開場)
    会場:小日向・本法寺(文京区小日向1-4-15)
    アクセス:有楽町線 江戸川橋駅 徒歩6分

    山村若静紀 地唄舞「ままの川」ほか
    地方/杉浦聡
    ゲスト・書/秋月洋子

    seigetsukai2015.jpg

    料金:3,500円(着物の方は3,000円)

    お申込みは、本法寺さんへ。
    tel: 03-3941-5316
    mail: honpouji@cello.ocn.ne.jp
    http://www.kobinata-honpouji.com/

    山村若静紀先生HP→http://wakashizuki.jp/

    line_ume_099g.jpg

    先生の舞や、杉浦先生の演奏に加えて
    書家であり着物スタイリストでもある秋月洋子さんと若静紀先生のトークも予定されているそうで、
    着物や芸能・芸術についてのお二人のお話しもぜひ聞きたいですし(メモの用意せな~!)、
    お二人の装いも素敵だろうな~とそんなこともこっそり楽しみ

    どうぞ秋の一夜、和の風情を堪能しに小日向へお越しくださいませ。

    私ももちろん参ります♪♪


    2015.09
    03
    CM:0

    12:10

    「山村若佐紀 上方舞 夏の会」を拝見しに、大阪は文楽劇場へ行って参りました。

    お世話になっている山村若静紀先生の師匠 山村若佐紀先生が毎年夏に開いて下さっている日本舞踊の会です。
    上方舞をぎゅーっと沢山見られるまたとない機会!
    客席は毎度満席です。

    150830_omote.jpg

    社中の皆が楽しみにしている若静紀先生の今年の演目は、「新曲浦島」。
    私は初めて先生の男舞を拝見しました。
    美しいのはもちろんなのですが、それよりも、なんと清々しいのかと驚きました。
    女舞の時の空気と全く違う~

    女舞とは異なる動きの早いところなんかは、きりっとして風が勢いよく吹き抜けるようでした。
    うわ~と驚きながら見終えると、私は何にもしていないのに、まるでマラソン後に青空を仰いだような清々しい感覚に。

    舞って、面白いなぁ。

    舞台を終えられた若静紀先生と。
    舞台の上の先生は、とても大きく見えます。

    150830_sensei.jpg

    今年は、先生以外にも、若静紀社中から5名の方が出演されました。

    真ん中は、静紀社中のトップバッター、「藤娘」を舞った七歳児ちゃん。
    昨年の彼女の初舞台は、見ていて涙が出てくるような初々しさだったですが、今年はもうそんなことはなく。
    可愛らしさはそのままに、しっかりと素敵な舞を見せてくれました。
    のびしろの多さと成長の早さに、見てるこっちはわくわくしっぱなしやわ~!

    150830_fym1.jpg

    写真左の艶っぽい女性は「岸の柳」を舞われた吉岡さん
    初舞台とは思えない~と、皆が口々に言いたくなる舞姿でした。
    東京ゆかた会のお座敷でも同じ演目を舞ってくださったのですが、やっぱり舞台で拝見すると全然違いますね!

    写真右、品のある立ち姿の奥方様は、「縁の綱」を舞われたFさんです。
    私が東京稽古場に通い始めたときから、ずっとお世話になっておりまして、
    稽古も時折横から拝見していたので、どきどきしながら先輩の初舞台を拝見しました。
    素敵でしたよー、Fさん!
    さて、どんなこと考えながら舞ってはったんやろう。
    こんど聞いてみよう。


    そして、そして。
    待ってました~、山村流名取のお二人!

    「傾城」を舞われた若静和さんと、「瀧づくし」を舞われた若静雪さん
    お二人とも綺麗すぎる・・・

    写真右の若静雪さんもまた、お世話になりっぱなしの東京稽古場の先輩です。
    うっかり客席前方に座ってしまって、至近距離からドキドキしながら見守りました。
    いつもとても熱心に稽古をされる方なので、どうか上手くいきますようにと祈りながら見てたら、泣けてきました。
    今回の初舞台を機に、またぐんと魅力を増して、前へ進んでいかれるのだろうなぁ。

    150830_shizuwashizuyuki.jpg

    そして!赤い打掛を羽織っておられる華やかな方が若静和さんです。
    「傾城」を舞われると聞いた誰もが「うわ、絶対似合う、見たい・・・!」と思ったはず。
    期待のさらに上を行くお姿でした。
    無駄な動きのない、たおやかで美しい舞姿。
    ゆったりとした振りを美しく舞うことは、それはそれは苦しいものだと、浅い経験値の私でも少しは分かります。
    稽古量・・・。
    うっとり拝見して目が覚めた時、尊敬の思いをまた改めて。


    さてさてこの後は、、
    今年は終演まで見ようと決めていたので、客席で最後までしっかり堪能♪
    贅沢な5時間でありました。

    最後に、会主の若佐紀先生がご挨拶でお話してくださったこと。

    だらだら暮らしていても、あっという間に時間は経ちます。
    今日ご出演の皆様は、この1年、「よし!」と強い思いをもって研鑽を積んでこられたからこそ、
    こうして舞台を勤めておられるのだということ。
    これからの1年、我々も「よし!」という思いをもって暮らしていきましょうと。

    若佐紀先生のお話を伺うといつも元気がでます。
    よっしゃ!

    若佐紀先生、若静紀先生、ご出演の皆様、ありがとうございました。
    お疲れ様でした。


    さいごに。
    おまけの藤娘をどうぞー。この愛らしさ

    150830_fujimusume.jpg


    では、また来年を楽しみに。


    【おススメ!】
    この舞台の準備から本番までを社中のタカオさんがレポートしてくださってるブログがあります。
    普段見られない舞台裏の様子がよく分かる上に、楽しいのですよ~♪
    ぜひご覧ください
    キモノイロドルsuquece→◎

    2015.08
    14
    CM:0

    07:03

    先日のゆかた会の写真を頂きました。
    撮影は今年も暑い中 颯爽と会場にお越しくださったカメラマンの katomiさん。
    ありがとうございました!

    150810_yukata02.jpg

    「京の四季」は短い曲ですが、かわいい振りが多いのです。
    えーと、そのはずなんだけど、どうぞ想像力を駆使してご覧ください(大汗)

    150810_yukata05.jpg

    舞扇のかざし方ひとつ、師匠を真似るのは難しい。

    今月から新しい曲の稽古が始まりました。
    ふぁいとー。

    2015.08
    05
    CM:0

    15:03

    連日の暑さにやられて、もう秋が来てくれてもいいぞと思っているのは私だけでしょうか。
    そんな秋が恋しい皆様に今日は耳寄りなお知らせが

    毎年10月に開かれている山村若静紀先生のリサイタル。
    先日のゆかた会でお知らせがありましたので、ちょこっと速報です~☆


    line_ume_099g.jpg

    『静月会~和を愉しむ夕べ vol.4』
    上方舞 山村若静紀(日本舞踊家、山村流師範)、ほか

    日時:平成27年10月25日(日) 17時開演
    会場:小日向 本法寺にて
        (東京都文京区1-5-15、江戸川橋駅から徒歩6分)
    料金:3,500円(和装でご来場の方は3,000円)

    お問合せ・ご予約は、本法寺まで
    TEL:03-3941-5316
    メール:honnpouji@cello.ocn.ne.jp

    2015seigetsukai_pre.jpg
    ⇒仮ちらし拡大


    line_ume_099g.jpg



    日が暮れて、秋草の咲くお庭に灯りがともり、お座敷にも蝋燭が。
    先生の舞と、会場の雰囲気がぴたりとあって、ちょっと他では味わえない時間です。

    今年は日曜日の開催とあって、時間がいつもより少し早めの夕方5時から。
    ぜひぜひご予定をしっかと空けておいていただきまして、続報をお待ちください♪

    秋が待ち遠しいなぁ

    なお


    2015.08
    05
    CM:0

    13:24

    暑い日が続きますね。
    上方舞の稽古場では、東京教室のゆかた会に続いて、大阪教室のゆかた会も開かれ、
    舞い終えた皆はほっと一息・・・ついてませんっ

    まだまだ夏はこれからですよーとばかりに、
    今月末に大阪で開かれる舞踊公演のお知らせです。

    『山村若佐紀 上方舞 夏の会』
    平成27年8月30日(日) 午前11時開演
    国立文楽劇場 小ホールにて
    入場無料

    150805_natsu.jpg


    師匠の師匠である 山村若佐紀先生が毎年開かれている舞踊公演。
    お目にかかる機会は少ないのですが、お話を聞くと元気が出る私も大好きな先生です!

    若佐紀先生の「秋の世」を皮切りに、38名の舞手が出演されるこの会には、
    若静紀先生はじめ、社中の皆さんも出演されます。

    社中の7歳児ちゃん 「藤娘」
    社中の吉岡さん 「岸の柳」
    社中の藤原さん 「縁の綱」
    山村若静雪さん 「瀧づくし」
    山村若静和さん 「傾城」
    山村若静紀先生 「新曲浦島」

    衣装や鬘の準備や、熱い稽古の様子などが時々漏れ伝わってきておりまして、
    客席から応援するだけの私も、どきどきしてきました。

    どなたでもご覧いただけますので、ご興味のある方はぜひ足をお運びくださいませ。
    たっぷりと上方舞を拝見できる毎夏の楽しみです♪

    なお

    2015.07
    30
    CM:0

    12:23

    先日、山村若静紀社中 第2回東京ゆかた会が無事に終了いたしました。

    ※準備からブロマイドまでのっている(笑)社中のタカオさんのブログはこちら→◎

    暑い中、応援に駆けつけてくださったお客さま、
    根気よくお稽古をつけてくださった若静紀先生、
    大阪から盛り上げてくださった社中の皆様、ほんとにほんとにありがとうございました!

    150725_syugo.jpg

    今年の集合写真は、終演後に撮影してくださったので、皆ほっとした顔してる~♪

    私は「京の四季」を舞わせていただきました。

    本番2-3日前の稽古場で、
    「あれ、、何にも出来てへんで・・・?どないするん、これ?」
    と呆然となり、振り出しに戻った気持ちで本番当日を迎えた阿呆です。

    そいでも、格好だけはいっちょ前。
    今年出来上がった静紀会の浴衣に、姉弟子さんからのお下がりの帯、
    髪はG'sさんに新日本髪を結っていただきました。

    150725_yukata06.jpg

    日本髪してもらいたいけど飾りを持ってないなぁと思っていたら、
    社中のIさんや、大阪の日本髪美人ななきち姉さんが、
    「使っていいよー」とぽーんと貸してくださいました!
    なんて良い方達なんだ。泣ける・・・

    150725_yukata01.jpg

    きちんと支度をして、緊張しながらお客さまの前で舞う。
    その時上手くいってもいかなくても、人前で舞った回数だけ、
    ちょっとずつでも上達していると信じたいです。
    一歩一歩。

    今年は夫が見にきてくれていました。
    先生や社中の皆さんの舞をみて、あれが良かったこれが良かったとえらそうに言っております。
    そうだろうそうだろう、素敵なのだよ。
    引き続き、ご協力をお願い申し上げます。

    150725_yukata04.jpg

    さて、お客様をお見送りした後は、
    お楽しみの・・・うなぎー!!ビールーー!!

    150725_yukata05.jpg

    ごちそうさまでした!
    いや、違う、ありがとうございました!

    来年も皆で賑やかに会を開けるように、また1年お稽古がんばります。

    ではでは。

    なお