RSS
    Admin
    Archives

    着物そのいち。

    着物に出会って広がった楽しみをちょこちょこ書いています。

    プロフィール

    渡邉なおこ

    Author:渡邉なおこ
    着物好き・舞台好きの30代。
    着付師。

    ご挨拶とプロフィール⇒■

    出張着付は只今承っておりません。
    大変申し訳ございませんが、また再開の折にはお知らせさせていただきます。
    ◆出張着付けご案内→◆




    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセス数
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2017.04
    30
    CM:0

    09:30

    銀座に観世能楽堂が開場しました。
    新しくオープンした「GINZA SIX」という商業施設の地下3階です。

    銀座の街中、特にGINZA SIXの周りは人が多くて、迷子になりそうだなぁと不安に思いつつ歩いていくと、紋付袴姿の男性が案内を持って立っていらして、びっくり!
    FENDIの真っ白なウィンドウの前に、黒紋付。
    目立ってたな~。驚いたけど能楽師さんにとっては正装、スーツみたいなものですものね。
    とても格好よかったです。

    数箇所で誘導して下さったおかげで、無事到着。

    170427_01.jpg

    本舞台は屋根も含めて、渋谷の松濤にあった観世能楽堂からそのまま移築されたそう。
    以前より客席の照明が明るいせいか新しい舞台のようでした。

    真新しい劇場の中は、なんだか落ち着かない感じがしましたが、公演が始まり、連吟、仕舞、と進むにつれて、ぐっと空気が引き締まっていく感じが面白かったです。

    この日、最後の演目は「草子洗小町」。シテは野村四郎さん。
    後シテが美しかったなぁ。
    青々とした松を背にして、静かに立つ小野小町。
    淡水色の長絹に、緋色の袴、端正な面、目の覚めるような美しい立ち姿でした。

    付けておられた面は元章 作の若女とのこと。
    ちょっと忘れ難いほど印象的なお顔をされていました。
    能面てあんなに美しいんだなぁ。


    初夏の陽気の中、開場記念公演ということで訪問着にしました。
    お譲りいただいた宝尽くしの訪問着と、伯母が若い頃から散々締めたおして柔らか~くなった袋帯です。

    170427_05.jpg

    縁起物を集めた宝尽くし。
    訪問着にもいろいろありますが、お祝の気持ちを込めつつも控えめな色合いで周りに馴染むのと、絵柄の可愛さが嬉しいのとで、私にとってはこういう場で重宝する有り難い着物です。

    170427_06.jpg

    開場おめでとうございました。
    多くの期待を受けて、これから沢山のチャレンジをされるんだろうと思います。
    日本文化を愛する方々にとって誇りとなるような良い劇場になりますように。

    170427_04.jpg

    新しい劇場の始まりに立ち会えて、嬉しい観能となりました。

    スポンサーサイト
    2016.04
    11
    CM:0

    10:30

    上方舞のお浚い会の前日、京都はどこもかしこも桜が満開。
    朝、実家で舞の稽古をしていたら、どの窓からもご近所の桜が目に入るので、
    稽古してるような、お花見してるような、なんとも良い気分でした。

    時間があったので、昼からは友人と待ち合わせて、上七軒の北野をどりへ。
    上七軒歌舞練場の桜も見事に咲きそろって、観劇気分を盛り上げてくれていました。

    kitano02_160401.jpg

    この満開の桜の下で~、お団子!至福です。
    ちなみにこれ、上七軒の老舗和菓子屋 老松さんの「七軒だんご」と言いまして、驚くほど美味しい!
    私が人生で食べたみたらし団子の中で、群を抜いて一番美味しい!

    kitano05_160401.jpg

    歌舞練場の中庭で、ころころと焼いて下さってました。
    ご馳走さんでした~

    kitano04_160401.jpg

    舞妓さんの立ててくださるお抹茶を戴いたり、お団子食べたり、舞台が始まる前から早くも満腹。

    とことこと風情のある廊下を歩いて、劇場へ。
    上七軒の芸舞妓さん達の踊りや唄・三味線を堪能させて頂きました

    kitano03_160401.jpg

    とびきり大きな拍手をもらっておられた芸妓さんがおられて、
    私の祖母くらいの年齢の方だと思うのですが、きりっと威勢の良い踊りが実に格好よかったなぁ。

    kitano08_160401.jpg

    小雨の降る中、せっかく来たので、北野天満宮に御参りしつつ、桜の名所・平野神社へ。
    見上げると桜色の天井。

    kitano07_160401.jpg

    ここで宴会したいな~

    この後友人と木屋町の逆鉾さんで美味しいお鍋戴いて、またまた満腹。

    お浚い会前のいいお休みになりました。

    2015.11
    24
    CM:0

    18:00

    今藤美佐緒さんの長唄三味線を聴きに、紀尾井ホールへ。
    いやもう圧巻でした。
    聴いておいた方がいいと教えて下さった方々の気持ちがよく分かります。
    特に美佐緒さんは京都の花街、宮川町の元・芸妓さんで、東京での演奏会は稀なこと。

    演奏してくださった中でも、「二人椀久」は踊りの会でも何度か聴いたことがありましたが、
    疾走感が踊りの地方(伴奏)とはやはり全く別物。
    早弾きになればなるほど、美佐緒さんの音は鮮やかに際立って聴こえてくるのですよ。
    そして、お顔は涼やかなまま。
    惚れ惚れしました。

    演奏の前後は、宮川町からお越しの皆さんでロビーがとても華やかでした。

    151119_kioihall.jpg

    何となく流れで、珍しく一緒に記念写真。
    まぶしくて目が合わせられなかった・・・

    美佐緒さんもお座敷の仕事とお稽古の両立に苦労されたお話しをされていましたが、
    この美しい姿も、音楽も、舞も、厳しい修行の上にあるんですね。
    大切に大切に引き継いでいっていただきたい世界です。

    遠く東より、いちファンとして応援しております。



    2015.09
    04
    CM:0

    07:30

    今回の京都・大阪帰省は、雨模様でした。降ったり止んだり。
    小雨の中を、この日は祇園甲部歌舞練場の隣にある弥栄会館・ギオンコーナーへ。

    150830_2_nagauta02.jpg

    今藤佐志郎先生のゆかた会にお邪魔しました。
    先生の元で長唄のお稽古をされている方々の発表会です。
    ここしばらく東京でお稽古させてもらっている長唄の先生も助演でご出演されるとのことで、駆け付けました!

    150830_2_nagauta04.jpg

    佐志郎先生のお弟子さんには、花街の方も多いそうで、今回のプログラムにもお名前があちこちに。
    客席にも花街の方やなぁという綺麗な皆さんがたくさんお見えになり、舞台を見守っておいででした。

    150830_2_nagauta03.jpg

    私が拝見した時間帯は最初の方でしたので、少し演奏がたどたどしく初々しい舞妓さんもいらして、
    ああこうしてお稽古を重ねて成長していかはるのやなぁと。
    ああいう姿を拝見すると、とっても応援したい気持ちになりますね~!
    ゆかた会の醍醐味ってこういうとこかも。

    150830_2_nagauta01.jpg

    後の予定が詰まっていて、ほんの小一時間しかいられなかったけど、先日自分のゆかた会で舞った「京の四季」や、先生の「供奴」が聞けて、大満足でありました♪

    もっと聞いていたい気持ちを振り切り、これまた楽しみな「上方舞 夏の会」のため急ぎ大阪へ。

    移動中、花見小路のあちこちに「温習会」のポスターを発見。

    150830_2_nagauta05.jpg

    秋は、京都に五つある花街それぞれで、舞踊などを披露する公演が開かれます。
    温習会もそのひとつ。⇒京都の五花街

    また秋に帰省、とはいかないか~。
    お江戸からはちと遠い。もうちょっと近かったら、拝見したかったな。

    秋に京都旅行を予定されている方はぜひどーぞ!

    2015.05
    27
    CM:0

    08:42
    お誘い頂いて、仕事帰りに椿山荘へ。

    「華麗なる調べvol.5 ほたると楽しむ江戸の粋」
    長唄三味線の稀音家千鶴先生が主宰されている会で、今年初めておじゃましてきました。

    長唄はもちろん、お座敷唄の演奏家の方もゲストにお越しで、それぞれの音の違いも楽しめました。
    そしてそして~歌舞伎舞踊もあるのです。
    若手舞踊家 若月仙之助さんがキリッとしたやっこさんを踊ってくださいました。
    長唄と歌舞伎舞踊、どちらもやっぱり華やかでテンションがあがりますね!
    かっこいい!

    終演後、粋な辰巳芸者の踊りを披露してくださった花柳廸薫さんを囲んで、ご一緒した皆さんと。

    150525_hotaru1.jpg

    終演後はこの時期の椿山荘といえば、「ほたる」。
    森のようなお庭の中に、フワフワと小さな灯りがたくさん舞っていました。

    舞台も会場も華やかで、浮世を忘れてしまいそうだ・・・


    ちなみに、この日は仕事帰りだったので、椿山荘の更衣室をお借りして、単衣の小紋に着替えました。
    さすがにホテルは更衣室が広~い!きれ~い!
    平日のこんな時間に利用される方は少ないようで、畳のお部屋でのびのび着替え完了。

    150525_hotaru02.jpg

    冬と違って、着物も帯も薄いし軽いので、持って移動するのも着替えるのもラクチンでした。
    浴衣ならもっと楽だろうな。
    気分も変わって楽しい一夜でした♪

    なお
    2015.05
    22
    CM:0

    09:10

    「日本の夏じたく」を拝見しに、友人と一緒に横浜へ。
    5月21日~24日まで三渓園で開催中です→◎

    前日の嵐のおかげか、雲ひとつない良いお天気になりました。
    からっとした風に新緑が揺れて、山のにおいがする~
    遠足、遠足♪

    織物やガラス、細工物など、たくさんの作家さんが出店されていました。
    作品も展示されている空間も「夏じたく」にふさわしく、涼やかな気持ちのよい物ばかり。

    150521_sankeien06.jpg

    三渓園内にある3つの建物で展示が行われているのですが、その一つ「旧燈明寺本堂」では、「小倉充子型染め展と江戸の芸」が開かれています。

    お堂の扉は開け放たれて、風が抜け、お寺特有のひんやりとした空気。

    150521_sankeien03.jpg

    吹き抜ける風に小倉さんの絵羽きものが揺れる中、この日のゲストは粋曲(すいきょく)の柳家小春師匠でした。

    江戸型染め作家の小倉さんは今回の展示にあたり、粋曲や浪曲、落語のお師匠さん方にお越しいただくならばと、「音の聞こえてくるような作品」をと製作されたそうです。面白いな~。
    どれもお江戸の粋がぎゅうっと詰まったような物語を感じる作品でした。
    見ているとワクワクするきものなのです。いやー、もうカッコいい!

    そして、それを聞いた小春師匠。
    ならば「作品から聞こえてきそうな音楽」にしましょうかと、この日の曲目をその場でお決めになりました。
    おおっ。

    150521_sankeien02.jpg

    江戸の風景を描いた端唄や小唄、大津絵節に相撲甚句。

    ある曲の前に、小春師匠がふと耳をすますような様子。
    鳥の声を待っておいでのようでした。

    お堂の外からは初夏の音。
    鳥の声、風にゆれる木々の音、通り過ぎる人の声。
    その音を楽しんでおられるような師匠の音楽。
    音に誘われて、小倉さんの着物に描かれた生き物達がふわりと動き出しそうな気配さえ。

    なんとも風情のある共演に、聞いている私達も思わず笑顔。

    あ、そうそう端唄「夕暮れ」も演奏してくださったのですよ。
    上方舞で一番初めに先生から教えていただいた思い出の曲です。

    夕暮れに 眺め見渡す 隅田川~

    夏の夕暮れ、川面を眺めながら涼む女性の姿を描いた唄。
    懐かしく、嬉しい再会でありました。

    贅沢な時間をありがとうございました

    この日は、単衣の紬にアンティークの帯。

    150521_kimono.jpg


    なお
    2015.05
    20
    CM:0

    21:05

    今回は観られないかな?と思っていたら、午後の部なら空いてる!
    しかも中央前方!即予約♪
    平成27年5月文楽公演@国立小劇場へ。

    150520_bunraku05.jpg

    人形遣いの吉田玉女さんが、二代目吉田玉男さんへと襲名なさったお祝の公演です。

    「祇園祭礼信仰記」、楽しい演目でした~。
    3階建ての楼閣によじ登っていくところなぞ、お屋敷のシーンからぐわっと背景が動いたと思ったら、あれよあれよと青空が広がり、舞台は一面桜の海に。
    ダイナミックな景色の変化がなんとも華やかで楽しい。
    お話の展開が速いし、コミカルやし、雪姫さん可愛いし、好きやなぁ、この演目。

    続いて、「桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ」。
    先程の賑やかな演目から、うってかわって心中もの。

    150520_bunraku01.jpg

    玉男さんの長右衛門、無口やのに色男~!

    最後は心中の場面なのですが、この一幕がすごいじらされるのですよー。
    定式幕が開いて、いよいよ最後のシーンが始まった!と思ったら、もう1枚幕がかかっていて何も見えない・・・
    あれ?っと思うのもつかの間、5本の三味線がこれでもかーっと力強く鳴り響く。圧巻。
    うはーかっこいいーと頭がしびれてきた辺りで、スパッと幕が降り、ついに長右衛門とお伴の登場です。
    人形がいつもより大きく見えました。

    そこから一機に最後まで。
    指先の細かな動きまで見える良席に感謝して、存分に堪能させていただきました。

    今回の公演は、5月25日まで。

    東京公演は次回9月です

    なお

    -------------------------------
    ☆出張着付け、承ります☆

    「着物そのいち」では
    東京都内(23区内)への出張着付けを承っております。
    お問合せもお気軽にどうぞ。
    ご案内はこちら→

    2015.05
    14
    CM:0

    21:38

    TBSテレビ『中村勘九郎 親子の宿命』という番組で、中村勘九郎さんと藤山直美さんが対談されていました。
    その中で思わず巻き戻して見てしまったひとこま。

    ともに中村勘三郎、藤山寛美という優れた役者を父にもった者同士。
    早くに亡くなられたお父様の思い出をそれぞれ語っておられたのですが、その中で、勘三郎さんという大きな目標に向き合い葛藤する勘九郎さんに直美さんがふとお話しされたこと。



    思い出すわ、うちのお父さんが言うてたんですけどね

    「親切な演技は出来るけど、情のある演技は出来へん。それは本人が持ってるもんやから。」

    (中略)

    「こうやったら親切に見えますよって演技は技術的に教えられるけど、情がある芝居、情っていうものは教えられへん。それは本人のはらわたにあるものやから。」

    fujiyamanaomi.jpg

    あの人この頃芝居よくないな、というのがあるとしますやん? それはね、

    「お芝居が下手になったん違う 人間性が止まってんねん。芝居が成長しない時は、その人の人間性の成長が止まっている時」

    うちのお父さん、そない言うてました。



    どうしたらいいのだろうと笑う勘九郎さん。
    直美さんも、別によろしいやん普通に生きてったらと笑っておられた。
    笑顔の裏に、重責を負うもの同士、分かり合える苦しみがあるのだろうと思います。

    いつだったか、舞の大師匠が「舞にはその人の全てが現れます」と話してくださったことがあります。
    それもとても近いことなのだろうな。

    ただ、このことは、どんな分野でもどんな仕事にもきっと通じるものがありますよね。
    難しいとこであり、面白いとこでもあり。
    それにしたって、舞台に立つ人はやっぱりすごいな。



    2015.05
    01
    CM:0

    08:41

    満開の桜が散って、あっという間に若葉の季節。
    暖かくなってきましたね~。
    少し時間が出来た4月後半、舞台を幾つか拝見しました。

    まず始めは桂吉坊さんの独演会
    「吉坊ノ会」@渋谷・伝承ホール

    150414_kichibosan.jpg

    吉坊さんの「天神山」「そってん芝居」
    ニコニコとかるーく高座へお座りになるのですが、噺にはいっていくと、もう、ぐぐぐぐーっと引き込まれる。
    途中、お三味線やお囃子が効果音や劇中歌として入りまして、それがまた風情があって大好きです。
    天神山でちょっとぞくっとしたり、そってん芝居の所作の美しさに見ほれたりしつつ、笑う笑う。
    上方落語、もっと見たいなー。

    さらに、今回ゲストにお越しの上方唄の松浪千壽さん。
    1曲で私、ファンになりました。なんて綺麗な声と、かわいらしい唄なんやろう。
    ほんの数曲の舞台でしたが、お師匠さんの大らかなお人柄にも惚れ惚れ。



    翌日は、大衆演劇。
    「橘菊太郎劇団×南條劇団合同公演」@座・高円寺

    150415_tachibana.jpg

    な~んにも肩肘はらずに席に座ればそれだけで、これでもかーと楽しませてくださる。
    サービス精神の塊です。
    そんなにされたら、こちらも一緒に盛り上げてやらねば!という気持ちにもなる(笑)
    全国の旅公演に足を運ぶという根強いファンの皆さんの気持ち、分かるな~
    南條劇団さん、5月は浅草の木馬館だそう。人気者!


    その翌週は、浪曲!
    玉川奈々福「浪曲破天荒列伝 第1回」@浅草・木馬亭

    150420_nanafuku.jpg

    浪曲だけの会を拝見したのは、今回が初めてでした。
    テンポのいい語りと迫力のある声にしびれっぱなし。
    なんてストレートで熱くて格好良いんだろう!
    日本語ってこんなに格好いいんだな。言葉がいきいきしてる。
    嵐のような日でしたが、客席は補助席が出るほどの満席なのも納得。
    昔からのお客さんだけでなく、私のように「初めて」という女性のお客さんも結構いらしてました。

    お天気の不安定だった4月後半。
    雨や風、仕事の疲れに心が折れそうになっても、劇場から帰る頃には「やっぱり来てよかったな!」と思う。

    150420_asakusa.jpg

    雨の浅草寺も艶やか。

    落語、浪曲、大衆演劇と、
    ひとりで演芸まつりのようなひと月。
    芸ってすごい。見るとやる気も元気も湧いてきます。
    そして、演者さん達の日々の圧倒的な稽古量を思って頭が下がります。

    最後の締めくくりは歌舞伎でした♪
    それはまた次の日記に。


    2015.04
    14
    CM:0

    15:25

    先日の帰省、お花見のほかにも幾つか目的があったのですが、そのひとつがこちら。

    150404_syami01.jpg

    なんと、三味線が我が家にやってきました。

    昨年、伯母から地歌三味線を教えてもらった時に「練習用のがあるから、一丁あげるわ」と言ってくれて、
    「そのうちね~」なんて呑気に構えていたら、さっそく一式揃えて譲ってくれたのでした。
    しかも三味線の袋が古いからと、お手製の新しい袋まで添えられていました。
    仕事が速いなぁ、おばちゃん

    150404_syami04.jpg

    お召しの着物をほどいて作ってくれたそうで、ちょっとレトロなかわいい生地です。
    嬉しい~!大切に使います。

    150404_syami03.jpg

    さすがに宅急便で送ってもらうわけにもいかず、しばらく実家で預かってもらっていたものを、今回ようやく引き取ってくることができました。

    とりあえず見よう見まねでセットして、ベーンと鳴らして悦にいっております。
    調弦てどうすんのかな・・・

    今はまだちゃんと稽古する時間はとれませんが、憧れの三味線です。
    手元にあればいつか取り組むチャンスもくるでしょう。

    ありがたや。

    なお

    -------------------------------
    ☆出張着付け、承ります☆

    「着物そのいち」では
    東京都内(23区内)への出張着付けを承っております。
    お問合せもお気軽にどうぞ。
    ご案内はこちら→