RSS
    Admin
    Archives

    着物そのいち。

    着物に出会って広がった楽しみをちょこちょこ書いています。

    プロフィール

    渡邉なおこ

    Author:渡邉なおこ
    着物好き・舞台好きの30代。
    着付師。

    ご挨拶とプロフィール⇒■

    出張着付は只今承っておりません。
    大変申し訳ございませんが、また再開の折にはお知らせさせていただきます。
    ◆出張着付けご案内→◆




    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセス数
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2014.07
    31
    CM:0

    11:56
    Category : 着物
    少し暑さの和らいだ日、
    友人に着付けをして、お昼をご一緒してきました。

    140730_higasa1.jpg

    この着物、浴衣なのですって。
    名古屋帯を結ぶと着物にしか見えないですよ~

    帯があると食事の量が減るかもとか言いながら、
    二人とも盛りだくさんなお昼ごはんをしっかり完食。
    デザートが無かったねと、お土産の甘いものもついでに購入です♪

    140730_higasa4.jpg

    お昼の混雑した時間帯でしたが、タイミング良く個室に通していただいて、
    なんとも優雅なお昼になりました。

    この日は着付けの前に、
    彼女のご実家の箪笥から届いたお下がり着物を見せてもらって
    私までテンションが上がりました!
    薄物から単衣、袷まで、
    いつ着よう、帯はどれにしようと考えるのもまた幸せです。

    次はどれ着て、どこ行こうね。
    楽しみは尽きませーん。

    この日の私は、朝顔の絽小紋に羅の帯。
    絹物、やっぱり好きだなー。

    140730_asagao.jpg

    ガラスの金魚で涼やかに。

    140730_asagao4.jpg


    ではでは。

    なお

    -------------------------------
    ☆出張着付け、受付中☆

    出張着付け「着物そのいち」プレ・オープン中です。
    東京23区内に出張いたします♪
    ご案内はこちらからどうぞ→

    関連記事
    スポンサーサイト
    2014.07
    27
    CM:0

    08:32
    Category : 着物

    大暑、という呼び名がぴったりの毎日です。
    お祭りや花火で浴衣きたよ~と言う方も
    多いのではないでしょうか。

    私もこのところ浴衣が続いています。
    この日は綿紅梅に紗献上の名古屋帯でした。

    ちなみに、汗っかきなので夏はステテコ必須!
    足元がベタベタとくっつかず快適なのです。
    ただステテコだけだと裾さばきが悪いので、ステテコ+裾よけ(東スカート)。
    暑いような気もするんですけどね~
    一日歩きまわる日は、やっぱり汗対策と裾さばき重視です。



    舞の稽古に行ってから、祖母の家に家族で集合。
    今は入院生活をしている祖母が
    毎年楽しみにしていた地元のお祭りでした。

    日も暮れて、これからいよいよ盆おどりも盛り上がる!
    という時に、ざーっと雨が降ったので、
    皆さん大変だったろうなぁ。



    私はといえば、賑やかなお祭りを通り抜つつ楽しんで、
    さっさと祖母宅へ直行。
    クーラーのきいた部屋で早々にビールを開けていたため、
    雨にも降られずラッキーでした

    ただ、主のいない部屋はやっぱりどことなく寂しいものですね。

    有難いことに今は私も好きなようにのんびり暮らしていますが、
    どんな人もいつ何があるか分からないと思うと、
    悔いのないように、と思わずにいられません。
    急げる性格ではないので、こつこつと。

    みなさまも楽しい夏になりますように♪

    ではでは。

    なお
    関連記事
    2014.07
    26
    CM:0

    10:22

    ゆかた会の話が続いておりますが、
    私が舞わせてもらう上方唄「文月」(ふみづき)のこと。

    「7月」を指す言葉です。
    旧暦7月は、新暦(現代)でいうと7月下旬~9月上旬頃ですから、ようするに、暑ーい時期ですね。

    唄の始めと終わりを少しだけ・・・

    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

    文月の 星の逢う夜をうらやみて
    残る思いの蛍がり

    団扇の風も袖ふきて
    面白いじゃないかいな

    (略)

    引け四つすぎから 間夫の昼
    きゃしゃんせ

    空 定めなき ひと時雨

    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

    七夕、蛍、団扇と、なんとも夏らしいですよね~

    舞う時も、扇ではなく団扇を持って舞います。
    これは稽古用の。(竺仙さんでおまけでもらった団扇です♪)

    0726.jpg

    この唄が描いているのは、
    芸者さんが間夫(恋人)を待っている風景なのだそうです。

    夏の夕暮れに、蚊帳をつり、団扇でふわりと暑さを凌ぎながら、
    はよ来はらへんかな?とそわそわ待っている。
    いつくか日暮れの遊郭を描く言葉が続き、そこへざっとひと時雨。
    雨あがりの空を見上げて涼やかに終わります。

    先生から教えて頂いたことを組み合わせると
    こんなかな~と想像しています。

    0726_hotaru.jpg
    上村松園 「新蛍」
    山種美術館さんでいただいた絵葉書。左下にちっちゃな蛍が光っています。

    上方舞の稽古で教えていただく唄はいつもとても素敵なのですよ~。
    その中でも、この文月は好きだなぁ。

    「日本舞踊曲集成」に解説を見つけたので、せっかくだし読んでみました。

    描かれているのは江戸吉原の風景。
    待乳山や日本堤の土手が歌詞にあるので、元は江戸で作られた曲が大阪の舞台にかかり、
    上方唄に残ったのではないか、とのこと。

    さらに解説の最後に気になる言葉が。
    「傾城の心で舞う」と書かれています。

    ・・・・!

    庶民派の私としては、中堅くらいの(そんなのがあるのか不明ですが)
    親しみやすい芸者さんを勝手に想像していたのです。
    それが、傾城(けいせい)て・・・
    傾城とは「お殿さまが夢中になって城が傾くほどの美女」のことですよ。
    遊郭の中では、太夫など最高位の遊女ですよー!

    えらいこっちゃー!

    今日から心は太夫でお稽古するでありんす。
    ふぁ、ふぁいとー。

    なお

    -------------------------------
    ☆出張着付け、受付中☆

    出張着付け「着物そのいち」プレ・オープン中です。
    東京23区内に出張いたします♪
    着物や浴衣を着て、おでかけしてみませんか?
    ご案内はこちらからどうぞ→

    関連記事
    2014.07
    24
    CM:0

    13:06

    8月23日のゆかた会では
    「文月」っていう、
    そら風情のあるええ曲を
    団扇持って舞わせてもらいます。

    なのに。
    稽古に舞用の団扇を忘れたアホな人。
    稽古場にあった神楽坂まつりのうちわで代用。

    なにか問題ございます?
    みたいな顔してますが。



    柄が平べったくて、くるくる回らへんし、
    裏返すと宣伝やし。
    あか~ん!風情はどこに~!

    やっちまったーー!すいませーーん!の顔も
    ゆかいな姉弟子さん達が撮ってくれてましたよ。



    えー。
    気を取り直して、今日も稽古です。
    団扇もちゃんと持った!

    ほな行ってきま。

    なお


    関連記事
    2014.07
    22
    CM:0

    23:10

    いよいよ梅雨明け!
    夏祭りや花火大会のシーズンに入り、
    街中で浴衣を見かけることも増えてきましたね♪

    さて今日は、そんな夏にぴったりの「ゆかた会」のお知らせです。

    こつこつ稽古を続けている日本舞踊の上方舞。
    毎年2月に流派のお膝元・大阪でお浚い会(発表会)があるのですが、
    東京でも夏のお浚い会を開くことになりました。

    神楽坂のお座敷で、初めての「ゆかた会」です♪

    ‐‐**‐‐‐**‐‐**‐‐**‐‐**‐‐‐**‐‐**‐‐**‐‐

    静紀会「ゆかた会」
    8月23日(土)17:30開演 (17:00開場)
    かぐら坂 志満金 3階大広間にて
    入場無料

    詳細はこちらをどうぞ!→
    姉弟子 佐川さんのブログ
    http://blogs.yahoo.co.jp/yukihiko33_99/33282360.html

    yukata2014.jpg

    ちらしのダウンロード>>

    ‐‐**‐‐‐**‐‐**‐‐**‐‐**‐‐‐**‐‐**‐‐**‐‐

    私も「文月(ふみづき)」という曲を舞わせていただく予定です。

    広めのお座敷なので、初めての方にもゆったりとご覧いただけるのではないかな~。
    会は、たぶん2時間くらい。
    終わってから神楽坂でちょこっと飲みに行くなんてのも楽しいかもしれませんね。
    志満金さんはじめ、美味しそうなお店がたくさんです♪

    こちらは、今年2月大阪のお浚い会での私。
    かおがこわいよ・・・
    めざせ脱・しかめっつら。

    2014hatunokai00.jpg

    初めてのゆかた会、応援にきて下さると嬉しいです!

    ではでは。

    なお
    関連記事
    2014.07
    19
    CM:0

    22:45
    Category : 着物
    先日、ブラジル大使館へ「ブラジルのリズム」というシンポジウムを聴きにいってきました。

    少し遅れていったので、私が聞けたのは「フレヴォ」「ファド」「カポエイラ」の話。
    どれも興味深かったんですが、特にカポエイラは、その歴史についての講義の後にデモンストレーションを見せもらって、これが!イメージしていたものより、ずっと複雑で面白いものでした!

    とても説明しずらいのですが、単なる格闘技ではないのです。戦いの要素もありますが、人々の喜びや怒りから大きな自然まで表現する民族的な踊りや音楽でもあり、宗教にも深くつながっているようです。

    写真 2014-07-18 20 58 29

    デモンストレーションでは、まず観客と楽器を持った人が大きな円をつくります。
    円の中に踊り手(と言っていいのかな?)が2人。
    歌うように呼びかける声で音楽が始まり、2人が動き出します。

    カポエイラにもいろんなものがあるそうですが、今回は蹴りあうような激しい動きは少なく、二人が即興で踊っているような、遊んでいるような、うねる空気の中を泳いでいるような感じでした。
    しなやかで素早い身のこなしに目を奪われていると、こちらもだんだん熱くなってきます。

    「音楽が始まると輪を囲む人々に順々に火が灯って、輪の中で動いている人はその熱でだんだん溶けていくような感覚になる」とデモンストレーション前にカポエリスタの方が話してくださいましたが、まさに!
    人の輪の中で、身体も歌も楽器の音も溶け出して、ひとつの大きな流れを作っているようでした。

    カポエリスタの方は「カポエイラは自然を取り戻すこと」、とも確かおっしゃっていたかなぁ。
    一緒に見に行った友人は、ヨガにも通じるところがあると言っていました。

    私は見ながら何となくお能のことを思い出していました。
    中央で舞い、楽器と歌が囲むという形は能も同じです。
    場が沸騰していく感じや、あの世とこの世の真ん中で揺らいでいるような感覚も。

    いずれにせよ、踊る人の身体が発しているものってすごい。
    見ている人の、体の深いところにドンっと届く感じ。

    カポエイラにはその人の全部が出るとおっしゃってました。
    よりよいものを目指そうとすると、技術だけではなく人として成長することも大切だということだと思うのですけど、ううう、どんな世界も同じなんだろうな。胸に刻みます。

    最後に、この日のきもの。
    ブラジルカラーの着物とか持っていないので潔く純和風です。綿絽に木綿の半幅帯。
    帰宅後、さらにビール後ゆえ、何だかヘラヘラしてますがご容赦を~。

    写真 2014-07-19 0 37 23

    奥深いブラジル文化を垣間見せてもらった熱ーい夜でした。
    誘ってくださった さやかさんに感謝!

    ※さやかさんのブログには、カポエイラのことが丁寧に書かれてます。あと美味しそうなお肉の情報も~♪→http://casa14.pokebras.jp/

    つい長くなっちゃった。
    ではでは。

    なお
    関連記事
    2014.07
    17
    CM:0

    16:30
    Category : 着物
    雨、降るの?降らないの?
    という蒸し暑い天気。

    夕方から雨だぞ!とお天気キャスターさんに脅されつつも、着物屋さんの催事へ、ちょこっと行って参りました。

    着物は洗えるポリエステルの紗。
    帯は友人に1度着て貰ったアンティークの夏帯を、自分では初おろしです。

    写真 2014-07-17 10 24 36

    昔の刺繍は、どうしてこんなに艶があって色鮮やかなんやろ~
    残してくださった方ありがとう。
    大切に、でも気兼ねなく着倒します。

    写真 2014-07-17 17 01 11

    新宿 京王百貨店さんの「今昔きもの市」をキョロキョロしてから、
    銀座 きもの青木さんのリニューアル前のセールへハシゴ。

    どちらも、あれやこれや見せて頂きました。
    買っても買わなくてもワクワクしますーっ♪

    私が初めて着付けを教えていただいたのが
    きもの青木の着付け教室でした。

    あ~っという間に着られるようになって、すぐに「きれいに着てますね」と出会った方に褒めていただけるほど。
    それ以来、着物で困った時には相談に行く大好きな青木さんです。

    めったにされないセールは27日まで。

    写真 2014-07-17 19 41 47

    リニューアルされた後も楽しみだな♪

    ではでは

    なお

    -------------------------------
    ☆出張着付け、受付中☆

    ただいま出張着付け「着物そのいち」プレ・オープン中です。
    東京23区内に出張いたします♪
    着物や浴衣を着て、おでかけしてみませんか?
    ご案内はこちらからどうぞ→

    関連記事
    2014.07
    14
    CM:0

    07:30
    Category : 着物
    夕立のおかげで、少し気温の下がった昨晩。
    早めの夕飯の後、散歩がてら、夫と盆踊りに行ってきました。

    佃島の盆踊りは、江戸時代にこの地域で踊られていた念仏踊りの形を色濃く残しているそうです。

    初めて見た時はその静かさと淡々と踊る地元の方々の姿に、盆踊りが先祖を供養する祈りの行事であったことをしみじみと思い出し、心の中で手を合わせました。

    隅田川から吹く風に揺れる提灯。
    踊りの輪を見守るように立つ無縁仏のお仏壇から、お焼香の香り。
    小さな櫓に据えられた太鼓ひとつ。
    ドーンドーンと穏やかに太鼓を鳴らして歌う声。
    ゆっくりゆっくり踊る人の輪。




    今年も地元の方に混ぜていただいて、見よう見まねで踊ってきました。

    日が暮れてから出かけたので、
    久し振りに型染めの浴衣。
    いつもより派手で、何やら落ち着かないのは気持ちの問題なのか~




    ご先祖様も我々も心穏やかに暮らせますように。

    そうそう、佃島は江戸時代に今の大阪 摂津国から移住してきた漁師さん達によって作られた町で、住吉神社もあるのですよ。こんどお参りに行ってみよう。

    ではでは。

    なお


    関連記事
    2014.07
    12
    CM:0

    07:30
    Category : 着物

    おはようございます。
    プレ・オープン記事を頑張って書いたので、
    気分晴れ晴れと、今朝は平常モードでブログ更新でございます。

    台風が過ぎたら、そろそろ梅雨明けなのでしょうか。
    昨日も今日も気温30度超えだそうで、本格的な夏がやってきそうな予感。

    夏と言えば、浴衣ですよ。
    先日のフリーマーケットで思わず買ってしまった
    浴衣を着てみました。

    写真 2014-07-11 10 46 46

    白地に紺の染め。ザ・浴衣!ですね~。
    古典的な柄が好きです♪
    綿紅梅で少し透けるので、
    浴衣の中は浴衣用スリップではなく、肌襦袢と裾よけです。

    写真 2014-07-11 10 47 42

    帯も定番の博多の半幅帯。
    この浴衣、フリマ価格で、汚れもほとんどなく、
    さらに裄が69cmなんですよ~!
    ありがたや。ありがたや。

    パリッと糊のきいた浴衣も好きですが、
    リサイクルで布がふんわり柔らかくなっているこの肌触りも
    普段着には嬉しいところです。

    足袋をはいているのは、上方舞の練習前ゆえ。
    お出かけの時は、素足に下駄でカラコロと。

    ではでは。

    なお

    ------------------------
    ☆出張着付け、受付中☆

    ただいま出張着付け「着物そのいち」プレ・オープン中です。
    東京23区内に出張いたします♪
    着物や浴衣を着て、おでかけしてみませんか?
    ご案内はこちらからどうぞ→

    関連記事
    2014.07
    10
    CM:0

    22:06

    ===只今、出張着付けのお申込は受け付けておりません。===
    ===大変申し訳ございませんが、また再開する際にはお知らせさせていただきます===


    ☆出張着付け「そのいち」ご案内☆

    お着付け承ります。

    成人式、七五三、卒業式、結婚式などのお祝い事はもちろん
    浴衣でお祭り、観劇や食事会、パーティーなど、
    着物でのお出掛けをお手伝いいたします。

    ハレの日は着物で華やかに、
    いつものおでかけでも、浴衣や着物をきると
    また新鮮な楽しさがありますね♪

    お客様のご希望の時間にご指定の場所(ご自宅やご宿泊先など)まで伺いますので、
    移動時間や周りのことを気にせずお支度していただけます。

    着心地の良いすっきりとした着物姿を心がけております。
    どうぞお気軽にご相談ください。

    ◆出張地域
    東京都 23区内
    (足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、
    北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、
    墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、
    中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区)


    ◆受付日時・スケジュール
    出張着付受付カレンダーをご覧ください。
    おおよそ1ヶ月先までのご予約を承っております。
    受付カレンダー→

    ◆出張着付け料金
    下記の料金で承ります。

    --<着付料金(税込)>--※2017年4月改定

    ・振袖 7,000円

    ・留袖 6,000円

    ・袴着 5,000円

    ・訪問着・付け下げ・色無地  5,000円
     ※変わり結びは+1,000円

    ・おしゃれ着(小紋・紬など)  4,000円

    ・お子様のお祝着
     (三歳お祝着/被布) 4,000円
     (五歳お祝着)     5,000円
     (七歳お祝着)     7,000円

    ・浴衣 2,000円

    ------------------------------

    ※往復交通費は実費を申し受けます。(当方の最寄駅は東京メトロ東西線 木場駅です)
    ※着付料金と往復交通費以外の費用はかかりません。
    ※所要時間は、お1人 30分~1時間程度です。(着物の種類や準備、帯結びなどによります)
    ※細かいご要望やご質問など、どうぞお気軽にご連絡ください。

    ◆ご予約
    下記の項目をご記入の上、メールにてご予約ください。

    ①お名前
    ②ご連絡先
    ③着付け希望日 ○月○日○曜日(受付日時はカレンダーをご覧ください→
    ④時間  仕上がり希望時間など
    ⑤場所  ご住所や最寄り駅など
    ⑥着物・帯 振袖や小紋、浴衣、袋帯、名古屋帯、半幅帯などお分かりになる範囲で種類をお知らせください。
    ⑦そのほか  ご要望やご質問など

    ※着物や帯は、メールで写真も一緒に送っていただけると分かりやすいです。

    ◆ご用意いただく基本的なもの
    <着物の場合>
    着物
    長じゅばん(半襟を付けた状態のもの)、えり芯
    帯、帯板、帯枕、帯揚げ、帯締め
    伊達襟(必要な方のみ)
    裾よけ、肌じゅばん、足袋
    伊達締め 2本、腰ひも 4~5本
    補正用タオル 2~3枚
    三重ひも(振袖の方)
    草履、バッグ

    <浴衣の場合>
    浴衣
    帯、帯板
    裾よけ、肌じゅばん(浴衣用スリップでも○)
    腰ひも 3~4本
    補正用タオル 2~3枚(薄手の細長いもの)
    下駄・バッグ

    ※お客様によって、ご自宅にあるものや必要なもの等
    様々ですので、その都度事前に確認とご相談をさせて頂きます。

    ◆ご予約・お問合せ
    着物そのいち 渡邉 までメールにてご連絡ください。
    ブログのメールフォームからもどうぞ。

    メール kimonosonoichi■gmail.com
    (■を@に直してお送りください)

    お申込み・お問合せを頂いた後、こちらからメールいたします。

    その他、何かご不明なことやご質問などございましたら、
    どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

    着物そのいち
    渡邉なおこ
    ★ご挨拶とプロフィール⇒■

    kitsuke_nao.jpg

    関連記事