RSS
    Admin
    Archives

    着物そのいち。

    着物に出会って広がった楽しみをちょこちょこ書いています。

    プロフィール

    渡邉なおこ

    Author:渡邉なおこ
    着物好き・舞台好きの30代。
    着付師。

    ご挨拶とプロフィール⇒■

    出張着付は只今承っておりません。
    大変申し訳ございませんが、また再開の折にはお知らせさせていただきます。
    ◆出張着付けご案内→◆




    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセス数
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2014.11
    30
    CM:0

    00:07
    Category : 日記

    待ってましたー!

    141129_kani1.jpg

    母の郷里から、カニが届きました。
    ということで満を持して母の旅行土産の日本酒も登場。

    141129_kani2.jpg

    めったに並ばないご馳走です。
    母よ、ありがとう。
    食べ終わった殻はクックパッド先生の言うとおりに酒炒りして煮てお出汁に。
    翌日はカニ雑炊とあいなりました。

    珍しく贅沢したせいか、軽い風邪をもらいまして。
    ここ数日、家にいられる時間は何もせずゴロゴロ。
    漫画よんで、ごろごろしてたら、多少の嫌なことは飛んでいきます。

    141129_sangatsu.jpg

    週末は帰省です。
    風邪はよ治して、荷造りせねば。

    ではでは。

    なお
    関連記事
    スポンサーサイト



    2014.11
    28
    CM:0

    23:14

    上方舞の稽古、今週ようやっと振りうつしが終わりました。
    これまた好きな曲で嬉しいのですが、ま、当然、四苦八苦です。
    来年2月の社中の発表会に向けて、ちょっとでも上達できるといいのですが~。
    冬だろうがなんだろうが、稽古はいつも汗だく。

    先日は稽古の後に(汗だくのまま・・)、宝生能楽堂へ。
    ユネスコ記念能」夜の部<相舞競演>を拝見してきました。

    141127_omeshi02.jpg

    相舞、面白いですね!
    お二方の動きや呼吸がふわり、ぴたりと合う感じが見ていてとても気持ちがいいです。
    お話上手な能楽師さんの解説もあって、いつもより気楽に楽しめた公演でした。

    最後の能での、5人の猩猩のひしめき合いっぷりも愉快
    真っ赤な神様みたいな生き物が、お酒のんで酔って舞い謡うという「大瓶猩々」。
    あんな楽しそうな能もあるのですね。

    お手伝いしている「キッズ伝統芸能体験」能楽コースの子ども達の顔も客席に見えました。
    いつも皆が稽古している舞台が全然違って見えたろうなぁ。
    子ども達の発表会は3月です。
    こちらは私はお手伝いと応援係!

    どちらの稽古も毎回楽しみで、稽古場に居られるご縁に感謝しています。

    この日は後で能楽堂におじゃまするということで、普段あまり舞の稽古では着ない着物でした。
    なぜならこの着物はあったかい=暑いからです!
    案の定、いつにもまして汗だくでした~

    141127_omeshi01.jpg

    外は冷えるので長羽織。
    この日の一揃えはなんとなくスーツに近い感覚で着ています。

    141127_haori01.jpg

    来週はもう12月とな。
    そわそわとした町の雰囲気と、きりっと冷えた空気。
    一年の中でも特に好きな季節です。

    風邪などひかずに乗り切れますように!

    ではでは

    なお
    関連記事
    2014.11
    25
    CM:0

    08:55
    Category : 着付け

    からりと晴れて清々しい週末の朝、
    ご友人の結婚式に参列されるお客様に、
    振袖のお着付けをさせていただきました。

    141122_furisode.jpg


    たっぷりとしたお袖の色鮮やかなお振袖。
    ご用意なさって大切に仕舞われていたご家族の思いも一緒に羽織るようで、振袖はやっぱり特別ですね。
    とてもお似合いでしたので、お祝いの席もさぞ華やいだのではないでしょうか~

    出張着付のご依頼、ありがとうございました。


    141122_icho.jpg

    お祝い日和、お着物日和で何よりでした!


    なお

    -------------------------------
    ☆出張着付け、受付中☆

    出張着付け「着物そのいち」プレ・オープン中です。
    東京23区内に出張しております。
    お問合せもお気軽にどうぞ。
    ご案内はこちら→

    関連記事
    2014.11
    24
    CM:0

    22:15

    「舞の会~京阪の座敷舞」を拝見しに国立劇場へいってきました。
    井上流、楳茂都流、山村流、吉村流、と四派の上方舞。
    同時に見られるのは東京では年に1度、この日だけじゃないかなぁ。

    以前稽古をつけていただいた曲もありました。
    全然別次元なんですけども。
    同じ曲でも流派によって振りが違うので、その辺りもまた面白いのです。
    2時間くぎづけ!

    141122_kokuritsu1.jpg

    終演後に立ち寄った人形町の商店街で買い物したら、
    「現金つかみどり」っていう画期的な福引券をもらいました!
    即チャレンジ!4等!一番下!
    でも、100円くれはった~

    せっかくなので、ちょっと贅沢してクリームあんみつで休憩しました。
    甘味「初音」さん、名前をみて何となく入ったら綺麗な落ち着くお店♪
    水天宮前駅からも人形町駅からもすぐですよ。

    141123_anmitsu.jpg

    明治座帰りかな?と思われる着物姿の女性達も楽しそうにお茶飲んでらっしゃいました。
    人形町界隈を歩く方の着物って、ちょっと渋めで着慣れた感じでカッコいい印象です。
    たまたまかな? 男性のかっこいいお着物姿もちらほら。
    いいですねぇ、人形町。

    なお
    関連記事
    2014.11
    24
    CM:0

    11:00
    Category : 着付け

    11月は、小さな羽織袴姿の男の子や、お被布の女の子が可愛らしい七五三の季節。
    我が家の隣駅にある富岡八幡宮も、テントを張って賑わっていました。

    先日、お嬢様の七五三の御祝いでお参りへ行かれるお母様に
    訪問着のお着付けをさせていただきました。

    141123_kitsuke.jpg

    やさしい色合いのお着物と帯が上品で、とても素敵なお母様でした。

    お祝い事のお手伝いをさせていただけるのは嬉しいものですね。
    出張着付のご依頼、ありがとうございました!


    141123_jinja1.jpg

    帰り際、ふと思い立って我が家の近所の神社に寄ってみました。
    小さな神社ですが、四季折々の花が咲き、葉が色づき、通りかかる度に季節を感じます。
    境内の大きな銀杏が紅葉の盛り!

    冬みたいに寒い日もありますが、まだまだ秋も鮮やか~。


    なお

    -------------------------------
    ☆出張着付け、受付中☆

    出張着付け「着物そのいち」プレ・オープン中です。
    東京23区内に出張しております。
    お問合せもお気軽にどうぞ。
    ご案内はこちら→
    関連記事
    2014.11
    20
    CM:0

    17:49

    今週末は、楽しみにしている舞台が2つ!

    ◆国立劇場11月舞踊公演
    「舞の会―京阪の座敷舞―」
    2014年11月22日(土)
    国立劇場 小劇場にて
    http://www.ntj.jac.go.jp/schedule/kokuritsu_s/2014/11160.html

    141120_mainokai.jpg

    毎年楽しみにしている年に1度の舞台。
    山村流はもちろん、上方四流の舞が見られる東京では貴重な会です。
    わくわく。

    1時も4時も両方みたいところですが、ぐっと堪えて、こちらも楽しみな!


    ◆ダンスカンパニー 泥棒対策ライト
    「ドラマティック横丁」
    2014年11月20日(木)~23日(日)
    渋谷Space Edge
    http://dorotai.com/dtl/?p=153

    141120_doramatic.jpg

    タイトルからして面白そう~。
    下司さんが踊ると、楽しいのも嬉しいのも哀しいのも、いろんな感情がぐいぐい伝染してくるような感じ。
    踊りのような、お芝居のような、ドロタイ。
    今のうちに間近でギューッと楽しませてもらおう♪

    今週末はここまで。
    来週末は、、、、、


    ◆東京 蚤の市
    2014年11月29日(土)~30日(日)
    東京オーヴァル京王閣(調布)

    来週末は、手紙社さんの秋祭り「東京蚤の市」!
    古道具屋やアンティーク、古本、手仕事のもの、美味しいものが沢山集まります。
    手紙社のイベントは、人は多いのですが、良い空気が流れていて好きです。
    久しぶりに行けるかなぁ。
    http://tokyonominoichi.com/


    ではでは。

    なお
    関連記事
    2014.11
    20
    CM:0

    11:31

    お芝居を観て来ました。
    すごーく良かったので、オススメをば。

    玉造小劇店
    「おもてなし」
    2014年11月18日(火)~26日(水)
    下北沢スズナリにて
    http://tama-show.jpn.org/

    141118_omote.jpg

    大正時代の大阪は船場(せんば)の暮らしを描いた、おかしくて、じんわりする物語でした。
    仕草や声の余韻が2日たった今もまだあります。

    日本の商業の中心として栄えた船場は、商家の旦那衆を中心に、船場言葉や独特の生活文化が育まれ、文楽や落語、上方舞と芸能もとても盛んやったそうです。
    不勉強で私は今まで知らんかったんですが、舞の稽古をするようになって、よく耳にするようになりました。
    憧れの時代。きっと町も着物も華やかやったろうなぁ。

    今回の舞台は、そんな船場の文化をたっぷりと体感させてもらえます。
    東京公演、当日券もあるって言うてはりました。
    是非どーぞ!

    終演後についつい「おーきにー」って言いたなります

    ではでは。

    なお
    関連記事
    2014.11
    16
    CM:0

    21:52
    Category : 着物

    打合せへ。
    いよいよひんやりと冬のはじまりのような気温。
    この秋初めての長羽織を着ました。

    141116_fukiyose2.jpg


    羽織の中は、銀杏や松葉の吹き寄せ柄の小紋に
    蔦やススキの名古屋帯でした。

    141116_fukiyose.jpg

    全体的に地味なので、帯締めだけでもと、ぱっと明るい朱色。

    「ごめんね、青春」が
    だんだん面白くなってきたー♪

    なお

    関連記事
    2014.11
    13
    CM:0

    22:38
    Category : 着物

    舞の稽古まで時間があったので、
    日本橋で開かれている「きものサローネ」を覗いてきました。

    着物屋さんのブースがたくさん出ているのですが、とりあえず楽しみにしていた「百人百色」という展示会場へ♪
    着物の仕事をされている方100人が、それぞれのお勧めのコーディネートを着せたマネキンがずらりと100体並んでいました。

    衣桁(着物屋さんによくある、ついたて風の大きいハンガーみたいなやつね)に広げてかけてあるより、当然ですがとっても分かり易いし、見ていて楽しい。
    一緒に行った友人と一緒に、あの着物が好きやとか、あんな小物の合わせ方もええな~とかいいながら、寄ったり引いたりして、ぐるぐるぐるぐる見回りました。
    準備される側はきっと大変でしょうけれど、楽しい展示でした!

    100体全部写真に撮るのは大変なので、特に気になったものだけ。

    141113_salone05.jpg

    東京友禅研究会の名坂佳寿子さんのコーディネート
    かぁ~っこいい!黒地に梅の訪問着。
    ちゃんと裾まで撮っておけばよかった。
    帯や衿も凝ってて、大人っぽい可愛げがある。
    こんなんをさっと着られるようになりたいなぁ。
    我が家の箪笥には、今の所こんな風な要素ゼロですが、いつかのための参考に。


    141113_salone04.jpg
    多ち花 河合洋平さんのコーディネート
    文句無くかわいい!
    写真では写せませんでしたが、とても上品できりっとした色の総柄小紋というか、付け下げ?
    袖もちょっと長め。
    こんなん着せてもらったらテンション上がりすぎて危ない気がするわー!わー!
    と、妄想。


    141113_salone03.jpg
    京小物一脇 脇坂一之さんのコーディネート
    もうね、明日にでも着てもいいと思うのです。
    こういうの好き~。ふんわり、すっきり。

    妄想と目標がぐんぐん膨らみます。

    で、とりあえず現実に戻って、この日の着物。
    黒地の総柄小紋に、塩瀬の名古屋。

    141113_salone06jpg.jpg

    そこはかとなく、昭和。
    伯母が若い頃に着ていた着物です。

    141113_salone07.jpg

    今日の上方舞の稽古は、雰囲気のいいお座敷でやらせて頂いて何とも贅沢な気分でした。

    いま稽古して頂いているのは、ご祝儀物のとても気持ちの良い曲です。
    稽古が足りず、足拍子の度に裾を踏んづけてしまいます・・・
    裾はしっかりあげて、腰をぐっと落として、落ち着いて舞えるようになりたい。

    2月に発表会なのです。そろそろ・・・焦る~

    ではでは。

    なお
    関連記事
    2014.11
    08
    CM:0

    01:34
    Category : 着物

    昨日は大好きな舞を、舞台で、テレビで、堪能しました。
    ホクホクであります。

    仕事帰りに着替えて公演を見に出かけたので、着付けも髪もカンタンに。

    141107_shiozawa01.jpg

    昔リサイクルで発見した塩沢御召の袷。
    しなやかで肌触りは良いのですが、やや重みがあって、袷の中でも特に冬用にしてます。
    立冬か~と、ふと頭に浮かんだので手に取ったけれど、
    やっぱりもう少し冷え込んでからの方がしっくりくる質感だっだなぁ。

    141107_shiozawa02.jpg

    夜は冷えるとはいえ、電車内はまだ蒸し暑くて汗ばむくらいなので上着は無し。
    本格的な冬が来る前にと、この時期気になる防寒具をこまごま追加しています。

    そこに届いた着物雑誌の月刊アレコレさんを開いたら、まさに防寒アイテム特集でした!
    タイムリー!

    めんどくさがりな私の場合、今のところ一番頻度の高い防寒着は雨コート&薄手のストールです。
    風を通さへんからそこそこ温かいし、軽くて嵩張らへんし、雨降っても大丈夫やし(当たり前)。
    ずぼら。

    誌面でお勧めされてる防寒具も使ってみたいなー。
    押入れの中に似たようなのがあったはず。
    引っ張り出しとこう♪

    なお
    関連記事