RSS
    Admin
    Archives

    着物そのいち。

    着物に出会って広がった楽しみをちょこちょこ書いています。

    プロフィール

    渡邉なおこ

    Author:渡邉なおこ
    着物好き・舞台好きの30代。
    着付師。

    ご挨拶とプロフィール⇒■

    出張着付は只今承っておりません。
    大変申し訳ございませんが、また再開の折にはお知らせさせていただきます。
    ◆出張着付けご案内→◆




    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセス数
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2015.02
    18
    CM:0

    09:38
    お稽古している日本舞踊の発表会が開かれました。
    上方舞 山村若静紀社中 2月恒例の「はるの会」です。
    当日の大阪は気持ちのよいお天気!

    150214_haru01.jpg

    若静紀先生の元でお稽古している皆が大阪と東京から勢ぞろい~。
    お仕事や学校の都合でお越しになれないお弟子さんもいらっしゃいましたが、それでもたーいへん賑やかでした

    若静紀先生のお師匠様である若佐紀先生、
    ゲストとして仕舞を披露してくださった能楽師の林本大先生、川口晃平先生、
    お手伝いに駆けつけてくださった皆様もご一緒です。

    150214_haru04.jpg

    今年のはるの会は、名取さんが増え、静紀先生の舞もあり、さらには迫力ある謡とお仕舞も拝見できて、お客様にも見ごたえたっぷりだったのではないでしょうか♪

    私は地唄「萬歳」を舞わせていただきました。
    京都のお正月風景を描いたお目出度い唄で、「おめでとうございます」とお辞儀する振りが何度かあります。

    舞っている間、お集まりくださった沢山のお客様や先生方、社中の皆様のお顔が見えました。
    ふと込み上げる有り難さに、思わずいつもより深々とお辞儀をしていたような気がします・・・
    こんなにも温かく見守って下さってほんまにありがとうございます。お稽古不足でごめんなさい。

    おかげさまで、どうにか立ち止まらずに舞い終えましたが、いつかまた再挑戦できる日があれば、もっと余裕を持って楽しそうに舞いたいなぁ。

    終演後、本番用にと先生からお借りした鼓を持って、はいポーズ。

    150214_haru02.jpg

    ちなみに本番中はこんな余裕のある顔はしておりませんよーっ
    冷や汗だらっだらです。あごもお腹も引いて欲しい・・・

    練習しんどいよーと思う日も正直あります。
    でも、一年お稽古続けてきた良かった。
    人前で舞うのは苦しいけど、やっぱり楽しい。

    根気よく教えてくださる師匠と、稽古や発表会を見守り支えてくださる皆様のおかげです。
    ありがとうございました。

    また来年も元気に参加して、美味しいお酒が飲めますよーに♪

    今回の会については、静紀会公式ブロガーと評されるタカオさんが詳し~くご紹介くださっています。
    毎度面白いのでぜひご覧下さいね。
    はーまーぐーりー、萬歳の唄の一節です。耳に残りますよねー
    ⇒suqueceのタカオさんのブログ

    なお

    関連記事
    スポンサーサイト