RSS
    Admin
    Archives

    着物そのいち。

    着物に出会って広がった楽しみをちょこちょこ書いています。

    プロフィール

    渡邉なおこ

    Author:渡邉なおこ
    着物好き・舞台好きの30代。
    着付師。

    ご挨拶とプロフィール⇒■

    出張着付は只今承っておりません。
    大変申し訳ございませんが、また再開の折にはお知らせさせていただきます。
    ◆出張着付けご案内→◆




    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセス数
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2015.03
    24
    CM:0

    19:34
    六本木の特設舞台で行われていた「にっぽん文楽」公演へ。

    150322_bunraku2.jpg

    移動を念頭に作られた仮設舞台。
    仮設とはいえ、入り口のやぐらも、ぐるりと取り囲む幔幕も、もちろん舞台も立派でした。

    150322_bunraku1.jpg

    今回は夫が文楽デビュー
    国立劇場の公演には誘っても頑として絶対に来なかった人が、野外公演でさらにお酒飲んでていいらしいよと言ったら乗ってきました。
    これまで、文楽も劇場自体も、堅苦しいとか、古いとか地味な感じがするようで、全く興味を持ってくれなかったのですよね。
    その辺りのハードルをひょいと無くしてくださったこの公演に感謝です。

    夫はお寿司のお弁当を持ち込み、会場で戴いた日本酒に浮かれつつも、「三番叟」を面白いと感じてくれたようでした。
    音楽好きには文楽ってすごく面白いと思うのですよ。
    次は素浄瑠璃を聞いてもらいたいなぁ。

    150322_bunraku3.jpg

    この日観劇されていた方のうち、「生まれて初めて文楽を観る方~」との質問に
    はい!と手を挙げておられたのは、全体の4分の1ほどの方でした。

    まだまだ新しい檜の木目が、年月を経て良い色合いになるまで愛される舞台になって、多くの方が文楽の面白さの一片に触れてくださるといいなぁと思います。


    なお


    関連記事
    スポンサーサイト