RSS
    Admin
    Archives

    着物そのいち。

    着物に出会って広がった楽しみをちょこちょこ書いています。

    プロフィール

    渡邉なおこ

    Author:渡邉なおこ
    着物好き・舞台好きの30代。
    着付師。

    ご挨拶とプロフィール⇒■

    出張着付は只今承っておりません。
    大変申し訳ございませんが、また再開の折にはお知らせさせていただきます。
    ◆出張着付けご案内→◆




    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセス数
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2016.04
    18
    CM:0

    11:00
    Category : 着物

    先週、からっと晴れた日。
    友人と一緒に、「はん亭」で腹ごしらえしてから、
    弥生美術館で開催中の展覧会「谷崎潤一郎文学の着物を見る」へ。

    140415_tanizaki01.jpg

    正統派な美しい着物から、登場人物の個性を際立たせるような艶っぽいものまで、書籍の挿絵や当時の流行なども交えて紹介されていました。

    後生大事にしまわれていない着物を見るのは楽しい。
    走ったり泣いたり笑ったり、お腹いっぱいご飯たべて、くしゃくしゃになって皺が出来て、汗や体温が滲んで初めて、その人に馴染んでいる。
    ただの服やから、それが普通で、その上で、着物の風情は洋服に替え難いええもんがあるなーと思う。

    夕方からそのまま上方舞の稽古へ。

    この日は、井澤屋さんの新塩瀬の名古屋帯。
    淡いグレーの「ひょうたん」柄です。

    140415_shima06.jpg

    新塩瀬の評判が良いのは聞いてましたが、この瓢箪のが新しく出た時に「あ、私が締めるなら、これだな」と。
    ビールが出てきそうって、稽古場で。
    うん、私やったらそうかも、笑。

    140415_shima04.jpg

    無病息災。
    好きなことが出来る環境は有り難い。
    ずっと続くとは、思えるはずもない。
    変化は外からも内からもやってきて、進んだり止まったり。

    さー、仕事いってご飯つくりますかー。

    関連記事
    スポンサーサイト