RSS
    Admin
    Archives

    着物そのいち。

    着物に出会って広がった楽しみをちょこちょこ書いています。

    プロフィール

    渡邉なおこ

    Author:渡邉なおこ
    着物好き・舞台好きの30代。
    着付師。

    ご挨拶とプロフィール⇒■

    出張着付は只今承っておりません。
    大変申し訳ございませんが、また再開の折にはお知らせさせていただきます。
    ◆出張着付けご案内→◆




    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセス数
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2015.05
    20
    CM:0

    21:05

    今回は観られないかな?と思っていたら、午後の部なら空いてる!
    しかも中央前方!即予約♪
    平成27年5月文楽公演@国立小劇場へ。

    150520_bunraku05.jpg

    人形遣いの吉田玉女さんが、二代目吉田玉男さんへと襲名なさったお祝の公演です。

    「祇園祭礼信仰記」、楽しい演目でした~。
    3階建ての楼閣によじ登っていくところなぞ、お屋敷のシーンからぐわっと背景が動いたと思ったら、あれよあれよと青空が広がり、舞台は一面桜の海に。
    ダイナミックな景色の変化がなんとも華やかで楽しい。
    お話の展開が速いし、コミカルやし、雪姫さん可愛いし、好きやなぁ、この演目。

    続いて、「桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ」。
    先程の賑やかな演目から、うってかわって心中もの。

    150520_bunraku01.jpg

    玉男さんの長右衛門、無口やのに色男~!

    最後は心中の場面なのですが、この一幕がすごいじらされるのですよー。
    定式幕が開いて、いよいよ最後のシーンが始まった!と思ったら、もう1枚幕がかかっていて何も見えない・・・
    あれ?っと思うのもつかの間、5本の三味線がこれでもかーっと力強く鳴り響く。圧巻。
    うはーかっこいいーと頭がしびれてきた辺りで、スパッと幕が降り、ついに長右衛門とお伴の登場です。
    人形がいつもより大きく見えました。

    そこから一機に最後まで。
    指先の細かな動きまで見える良席に感謝して、存分に堪能させていただきました。

    今回の公演は、5月25日まで。

    東京公演は次回9月です

    なお

    -------------------------------
    ☆出張着付け、承ります☆

    「着物そのいち」では
    東京都内(23区内)への出張着付けを承っております。
    お問合せもお気軽にどうぞ。
    ご案内はこちら→

    関連記事
    スポンサーサイト



    Comment

    非公開コメント