RSS
    Admin
    Archives

    着物そのいち。

    着物に出会って広がった楽しみをちょこちょこ書いています。

    プロフィール

    渡邉なおこ

    Author:渡邉なおこ
    着物好き・舞台好きの30代。
    着付師。

    ご挨拶とプロフィール⇒■

    出張着付は只今承っておりません。
    大変申し訳ございませんが、また再開の折にはお知らせさせていただきます。
    ◆出張着付けご案内→◆




    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセス数
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2016.04
    08
    CM:0

    11:00

    桜が見頃を迎えた先日4月2日、上方舞の発表会のために大阪へ。
    山村若静紀先生の門人が集まる お浚い会「はるの会」が開かれました。

    お稽古仲間のタカオさんがお写真くださったので、ご紹介できます~
    ありがとう、タカオさーん

    haru160402_01.jpg

    東京からの参加なので、友人に話すと時々「え!大阪まで行くの??」と驚かれますが、
    いつもお元気な大師匠の山村若佐紀先生にお目にかかれることや、若静紀先生の舞が間近で拝見できること、門人の皆さんに会えるのが何とも嬉しく、毎回うきうきで参加しております。
    もはや何だか里帰りのような気持ちです。

    haru160402_02.jpg

    まもなく始まりますよと若静紀先生。

    会場は「大阪美術倶楽部」さんのお座敷です。
    大阪稽古場、東京稽古場から集まった20名ほどが日頃の成果を披露しました。

    haru160402_03.jpg

    待機中の出演者。
    和やかな先輩方の中、私だけ顔固まってるし・・・ど緊張。

    本番中は客席から拝見できるので、こうして待機しながら、
    先生や皆さんの舞を拝見しつつ、緊張したり、魅入ったり。

    いつもは出番が近づくに従って、緊張で体が固まっていくのが分かるのですが、
    今回は何と私の出番の前に、ちょいとお楽しみで落語家の笑福亭たまさんが舞台に!
    お客様と一緒に能天気に笑っている間に自分の順番が来ていました。
    なんやろう、なんかラッキー

    温かい雰囲気のお客様に見守っていただきながら、私は地歌「こすのと」を。
    振りの美しいゆったりとした曲で、稽古中何度も「ああええ曲やなぁ」としみじみ。
    けれど舞は相変わらず難しく、達成感には程遠いので、いつかまた稽古してみたい曲のひとつに加わりました。

    haru160402_04.jpg

    最後は、若佐紀先生の音頭で大阪締め♪
    「打~ちまひょ!ポンポン!」

    haru160402_06.jpg

    そして、お浚い会の後のお楽しみ、会食へ~

    haru160402_05.jpg

    今日の会の無事終了をお祝しつつ、
    舞台に出演される方や名取試験に挑戦する方への応援の気持ちをこめて、
    はい、かんぱーい!

    ああ~今年も楽しい1日でした。
    若佐紀先生、若静紀先生、大阪稽古場の皆様、ありがとうございました!

    自信持って里帰りできるように、また東京でこつこつ、がんばります

    関連記事
    スポンサーサイト



    Comment

    非公開コメント