RSS
    Admin
    Archives

    着物そのいち。

    着物に出会って広がった楽しみをちょこちょこ書いています。

    プロフィール

    渡邉なおこ

    Author:渡邉なおこ
    着物好き・舞台好きの30代。
    着付師。

    ご挨拶とプロフィール⇒■

    出張着付は只今承っておりません。
    大変申し訳ございませんが、また再開の折にはお知らせさせていただきます。
    ◆出張着付けご案内→◆




    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセス数
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2017.04
    22
    CM:0

    23:00
    Category : 着物

    予定が変更になって、ぽっかり時間の空いた休みの日。
    思い立って歌舞伎座に行ってみたところ、平日17時頃という仕事帰りにはちょっと早い時間だったからか、幸い並ばずに幕見のチケットが買えました。
    いつ来てみても、有り難いですねぇ、このシステム。

    四月大歌舞伎、夜の部の「桂川連理柵、帯屋の段」と「奴道成寺」の2幕を拝見。

    170420_04.jpg

    帯屋は、相変わらずこの話自体が好きになれないと思いながらも、いじわるな義弟を演じた染五郎さんが憎まれ役なんだけど実に可愛くて爽やかで良かったなぁ!

    猿之助さんの奴道成寺は、「やぁやぁようこそ!楽しんでってくださいね!」という猿之助さんの気持ちというか、サービス精神が溢れる、明るくて軽やかな歌舞伎舞踊らしい1時間でした。
    見てるとこっちも踊りたくなってついつい身体が揺れるので要注意。
    ついでに、踊りも半ば、おかめ・大尽・ひょっとこ、性格の違う3つのお面を次々と付け替えながら踊り分ける三面が終わって、袖に引っ込む時の猿之助さんのドヤ顔がカッコよすぎました。
    双眼鏡のぞきながら、ニヤニヤしちゃった…



    普段は芝居でも舞踊でも、どんなに大きな舞台を見る時でも双眼鏡はいらないと思っているのですが、歌舞伎だけは別です。えへへ。
    は~男前やった。

    170420_02.jpg

    この日は、格子柄の小紋に、三味線柄の名古屋帯でした。
    道成寺の合方は三味線が派手で格好よくて、いつ聞いても気分が上がります


    関連記事
    スポンサーサイト



    Comment

    非公開コメント