RSS
    Admin
    Archives

    着物そのいち。

    着物に出会って広がった楽しみをちょこちょこ書いています。

    プロフィール

    渡邉なおこ

    Author:渡邉なおこ
    着物好き・舞台好きの30代。
    着付師。

    ご挨拶とプロフィール⇒■

    出張着付は只今承っておりません。
    大変申し訳ございませんが、また再開の折にはお知らせさせていただきます。
    ◆出張着付けご案内→◆




    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセス数
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2017.04
    30
    CM:0

    09:30

    銀座に観世能楽堂が開場しました。
    新しくオープンした「GINZA SIX」という商業施設の地下3階です。

    銀座の街中、特にGINZA SIXの周りは人が多くて、迷子になりそうだなぁと不安に思いつつ歩いていくと、紋付袴姿の男性が案内を持って立っていらして、びっくり!
    FENDIの真っ白なウィンドウの前に、黒紋付。
    目立ってたな~。驚いたけど能楽師さんにとっては正装、スーツみたいなものですものね。
    とても格好よかったです。

    数箇所で誘導して下さったおかげで、無事到着。

    170427_01.jpg

    本舞台は屋根も含めて、渋谷の松濤にあった観世能楽堂からそのまま移築されたそう。
    以前より客席の照明が明るいせいか新しい舞台のようでした。

    真新しい劇場の中は、なんだか落ち着かない感じがしましたが、公演が始まり、連吟、仕舞、と進むにつれて、ぐっと空気が引き締まっていく感じが面白かったです。

    この日、最後の演目は「草子洗小町」。シテは野村四郎さん。
    後シテが美しかったなぁ。
    青々とした松を背にして、静かに立つ小野小町。
    淡水色の長絹に、緋色の袴、端正な面、目の覚めるような美しい立ち姿でした。

    付けておられた面は元章 作の若女とのこと。
    ちょっと忘れ難いほど印象的なお顔をされていました。
    能面てあんなに美しいんだなぁ。


    初夏の陽気の中、開場記念公演ということで訪問着にしました。
    お譲りいただいた宝尽くしの訪問着と、伯母が若い頃から散々締めたおして柔らか~くなった袋帯です。

    170427_05.jpg

    縁起物を集めた宝尽くし。
    訪問着にもいろいろありますが、お祝の気持ちを込めつつも控えめな色合いで周りに馴染むのと、絵柄の可愛さが嬉しいのとで、私にとってはこういう場で重宝する有り難い着物です。

    170427_06.jpg

    開場おめでとうございました。
    多くの期待を受けて、これから沢山のチャレンジをされるんだろうと思います。
    日本文化を愛する方々にとって誇りとなるような良い劇場になりますように。

    170427_04.jpg

    新しい劇場の始まりに立ち会えて、嬉しい観能となりました。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Comment

    非公開コメント