RSS
    Admin
    Archives

    着物そのいち。

    着物に出会って広がった楽しみをちょこちょこ書いています。

    プロフィール

    渡邉なおこ

    Author:渡邉なおこ
    着物好き・舞台好きの30代。
    着付師。

    ご挨拶とプロフィール⇒■

    出張着付は只今承っておりません。
    大変申し訳ございませんが、また再開の折にはお知らせさせていただきます。
    ◆出張着付けご案内→◆




    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセス数
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2015.05
    01
    CM:0

    08:41

    満開の桜が散って、あっという間に若葉の季節。
    暖かくなってきましたね~。
    少し時間が出来た4月後半、舞台を幾つか拝見しました。

    まず始めは桂吉坊さんの独演会
    「吉坊ノ会」@渋谷・伝承ホール

    150414_kichibosan.jpg

    吉坊さんの「天神山」「そってん芝居」
    ニコニコとかるーく高座へお座りになるのですが、噺にはいっていくと、もう、ぐぐぐぐーっと引き込まれる。
    途中、お三味線やお囃子が効果音や劇中歌として入りまして、それがまた風情があって大好きです。
    天神山でちょっとぞくっとしたり、そってん芝居の所作の美しさに見ほれたりしつつ、笑う笑う。
    上方落語、もっと見たいなー。

    さらに、今回ゲストにお越しの上方唄の松浪千壽さん。
    1曲で私、ファンになりました。なんて綺麗な声と、かわいらしい唄なんやろう。
    ほんの数曲の舞台でしたが、お師匠さんの大らかなお人柄にも惚れ惚れ。



    翌日は、大衆演劇。
    「橘菊太郎劇団×南條劇団合同公演」@座・高円寺

    150415_tachibana.jpg

    な~んにも肩肘はらずに席に座ればそれだけで、これでもかーと楽しませてくださる。
    サービス精神の塊です。
    そんなにされたら、こちらも一緒に盛り上げてやらねば!という気持ちにもなる(笑)
    全国の旅公演に足を運ぶという根強いファンの皆さんの気持ち、分かるな~
    南條劇団さん、5月は浅草の木馬館だそう。人気者!


    その翌週は、浪曲!
    玉川奈々福「浪曲破天荒列伝 第1回」@浅草・木馬亭

    150420_nanafuku.jpg

    浪曲だけの会を拝見したのは、今回が初めてでした。
    テンポのいい語りと迫力のある声にしびれっぱなし。
    なんてストレートで熱くて格好良いんだろう!
    日本語ってこんなに格好いいんだな。言葉がいきいきしてる。
    嵐のような日でしたが、客席は補助席が出るほどの満席なのも納得。
    昔からのお客さんだけでなく、私のように「初めて」という女性のお客さんも結構いらしてました。

    お天気の不安定だった4月後半。
    雨や風、仕事の疲れに心が折れそうになっても、劇場から帰る頃には「やっぱり来てよかったな!」と思う。

    150420_asakusa.jpg

    雨の浅草寺も艶やか。

    落語、浪曲、大衆演劇と、
    ひとりで演芸まつりのようなひと月。
    芸ってすごい。見るとやる気も元気も湧いてきます。
    そして、演者さん達の日々の圧倒的な稽古量を思って頭が下がります。

    最後の締めくくりは歌舞伎でした♪
    それはまた次の日記に。


    関連記事
    スポンサーサイト



    Comment

    非公開コメント